こんな「霊妙な力」をなぜ眠らせておくのか!

意識する心が考え抜いて、どうにもならなくなってからも潜在意識は働きつづけて、下からもり上がる植物の芽のように答えを与える

意識する心が考え抜いても答えが見つからない難問を
潜在意識が解決してくれることがあります。

このような体験を語っている貴重な記録に、
日本の世界的数学者で、文化勲章受賞者である
岡潔博士の「春宵十話」があります。

先生がある大きな問題に取りかかられた時、
最初の三力月は解決の糸口がどうしても見つからず、
もうどんなむちゃな試みも考えられなくなってしまい、
それでもむりにやっていると、はじめの十分間ほどは
気分が引きしまっているが、あとは眠くなつてしまうという
状態だったそうです。

そんな時、友人に招かれて北海道で夏休みを
過ごすことになりました。

そこで先生は研究をつづけられたのです。
ソファーにもたれて寝ていることが多くて、嗜眠性脳炎という
あだ名をつけられるほどだったと言います。

ところが九月に入って、朝食の後、応接室にすわって
考えるともなく考えているうち、考えが一つの方向にまとまっていき、
数学史に残るような大問題の答えがすつかりわかったのです。

このことを岡先生は、次のように言っていますから
引用しておきます。

「全くわからないという状態がつづいたこと、そのあと
眠ってばかりいるような一種の放心状態があったこと、
これが発見にとって大切なことだったに違いない。

種を土に播けば、芽が出るために時間が必要であるように、
また結晶作用にも一定の条件で放置することが必要であるように、
成熟の準備ができてから、かなりの間おかなければ立派に
成熟することはできないのだと思う。だから、もうやり方が
なくなつたからといってやめてはいけないので、
意識の下層にかくれたものが徐々に成熟して表層に
あらわれるのを待たなければならない。

そして表層に出てきた時は、もう自然に問題は解決している」
潜在意識の霊妙な働きについて、これほど見事に書かれた
文献は世界でも稀でリす。この方が日本の数学者であることに、
私たちは誇りを持ちたいと思います。

marf001

この「フィーリング」で高級車が手に入った

自分の願望するものは、それを生き生きと目に浮かべるのみならず、機会があったらタツチするようにせよ。

マーフィー博士の講演によく出席している若い婦人がいました。
彼女は三度もバスを乗り換えなくてはならないので、講演会場まで
一時間半もかかるのでした彼女は、車を欲しいと思った青年が、
欲しいと思った車に試乗することによってフィーリングをつかみ、
そのフィーリングを潜在意識に送り込むことによって奇跡的に
車を手に入れたという話をマーフィ—博士に聞きました。それを
彼女は実行したのです。

彼女はマーフィー博士のすすめのように、はじめから高い
願望水準を持ってた方がよいことを知っていたので、
キャデラックのショールームに出かけました。

セールスマンが同乗して運転してみせてくれた上、彼女にも
数マイル運転させてくれました。

彼女はそのキャデラックが自分の物だと何度も何度も
心の中で繰り返し、その運転のすばらしいフィ—リングを
しつかりと潜在意識に刻印しょうとしました。

そして刻印したと思いました。
その後も彼女は自分が車に乗り、運転し、車内装飾などに
手を触れる光景を、二週間以上休まずに頭に描きつづけました。

そうするうちに、二ュージャージーのイングルウッドにいる彼女の
伯父さんがなくなって、彼女にキャデラックと不動産の全部を
遺贈してくれたのです。

それで、その次のマーフィー博士の講演に行く時、彼女は
キャデラックに乗って出席したのです。

これをあなたは偶然だと考えられますか。もしそうでしたら、
あなたは潜在意識の本質について、はじめから学びなおす
必要があります。

marf001

不動産が希望の値段ですぐさま売れたわけ

取引で成功するにも、潜在意識が万人共通であることを知れば、その助けが予想もできない仕方で現われることがわかるだろう。

あなたが土地を売りたい時、どうしたらよい買い手が見つかるでしようか。
マーフィー博士ご自身の体験を紹介しましょう。アメリカは日本と違って、
土地は売る方がむずかしいとされている国です。

マーフィー博士は自宅の前の芝生に「売家.所有者」という
立札を立てました。

翌日眠りにつく時、博士は「この家が売れたらどうしょうか」と
心の中で言いました。

その後、自分の問いに答えて、「私はあの立札を引き抜いて、
ガレ—ジに投げ込むだろう」と言いました。

博士は想像の中でその立札をつかんで地面から引き抜き、
肩にかついでガレージに行き、それを床の上に投げ、
ふざけて「もう君には用がないや」とその立札に言いました。

博士は事が済んだという実感がして、そのことに内なる
満足を感じました。

その次の日に、一人の男が博士に千ドルの内金を置いて、
「ご相談に応じましょう」と言い、きわめて有利な取引が
成立したのです。

アメリカで家を売るというのは大変なことで、捨値みたいにしても
買い手が現われず、半分化物屋敷みたいになることがたいへんに
多いのです。

売札を出した翌日に売れるということは奇跡に
近いと言ってよいでしょう。

この満足すべき取引の交渉が済んでから、
博士は例の立札を引き抜いてガレージに持って行きました。

かくして外界の行為は、心の中の行為に一致したのです
これは、何も新しいことではありません。

「内のごとく、また外も」という言葉どおりです。

つまり潜在意識に刻印された絵に応じて、生活という
客観的な外界の映写幕に写し出されるという意味なのです。

外界のことは心の中を写し出す鏡です。
外の行為は内の行為に従って起こるのです。

marf001

こんな大きな「記憶の倉庫」を活用しない手はない!

頭が悪いと言われている学生でも、潜在意識の利用法を知れば、優秀な学生になれる。潜在意識は記憶の宝庫なのだから。

学業において困難を感じたり、成績が悪かったりするのは、
純粋に知能の問題、つまり早発性痴呆などであることはほとんどなく、
潜在意識の力に頼れば、わりと簡単に解決できます。

マーフィー博士の知っている高校生の少年も、成績が悪く、
記憶力の悪いことをひどく気にしておりました。

そこで、マーフィー博士は潜在意識に関するいくつかの真理を、
一日何回も肯定することを教えてやりました。特に、潜在意識に
働きかけるのに一番よい時である眠りにつく前と、朝、目を覚ました
後にやるようにさせました。この少年が肯定して潜在意識に
送り込んだ考えの内容は、次のようなものでした。

「私は、自分の潜在意識が記憶の倉庫であると悟ります。

私が読んたり、先生から聞いたことをすベて覚えておきます。

私は完全なる記憶を持っています。

そして潜在意識の中の無限の知性は、筆記試験であれ、
口頭試験であれ、どんな試験の時も、私が覚えていなければならないことを、
すべて私に示してくれます。

私はすべての先生、すべての級友に愛と善意を放射します。

私は心から彼らに成功とよいことを祈ります」

この祈りが潜在意識に浸透するに従って、彼の記憶力はよくなり、
また先生や級友との関係もよくなりました。そして、成績は全優になったそうです。

私たちは物を忘れることがあります。そしてまた思い出します。

忘れていた間その記隱はどこにいったかと言えば潜在意識にいっていたのです。

潜在意識は、どんなことでも忘れることはないのです。ただ意識する心に
出にくくなるだけなのです。

ですから、潜在意識に対する信頼が増せば、記憶力も当然よくなるのです。

marf001

「想像上の会話」が莫大なもうけを生んだ!

ゲーテもやったように、心の中で対話している情景を描くことは、潜在意識を働かせる有効わなテクニックである。

ドイツの大文豪ゲーテはむずかしいことや、困ったことに直面した時、
何時間も静かに想像上の会話をよくやったということを伝記作者は
伝えています。

つまり何か問題があった場合、自分の友人がいつもの身ぶりや口調で、
正しい適切な答えを出してくれるところを想像したのです。しかも、
ゲーテはこの全情景をできるだけ現実的に、また生き生きとしたものにしたのです。

若い株のディ—ラーがこの話を聞き、さっそく証券の販売にゲーテの
方法を応用しました。彼には億万長者の銀行家の知り合いがあり、
この人に賢明で健全な判断を下したと喜ばれ、よい株を買ってくれたと
ほめてもらったことがありまた。

それで彼は、この銀行家との心の会話、想像上の会話をすることにしました。

何か問題が起こると、彼はこの銀行家と想像上の会話を生き生きとやり、
この人にほめてもらうような判断に到達するところを心の絵にしてみました。

この男性の心の中の対話法は、自分のお客さんのために健全な
投資をすすめるという彼の目的に、たいへんよく合ったものでした。

彼の人生の主要目的は、自分の顧客のためにお金をもうけてやること、
つまりその人たちが自分のすすめによって金銭的に繁栄するのを見ることでしたから。

彼はいまもなお、自分の仕事に対話法を用いています。このようにして、
彼は自分のお客さんたちに莫大なもうけをさせてやったばかりでなく、
当然のことながら証券マンとして輝かしい成功者になり、自分も億万長者に
なつています。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。