どれだけ「真剣な気分」にひたれるかが鍵

偶像崇拝を簡単に否定してはいけない。それは潜在意識を動かす一つの効果的な方法なのだから。

フイリパス・パラケルスス(1493—1541)は、バ—ゼル大学ではじめて
化学の教授になった人で、当時は世界一の錬金術師という
評判のあった人ですその彼がこのよ、つに言つています。

「あなたの信仰の対象が本当であろうと、
間違いであろうと、それに関係なく同じ効果があるでしょう。

ですから、私は聖ペトロ自体を信ずべきなのに、
そのかわりに聖ペトロの像を信じたとしても、
聖ペトロからと同じご利益を受けるのです。

しかし、これは迷信です。しかし信仰は、
それが迷信でも奇跡を生むことがあります。

本当のことを信じようと、間違ったことを信じようと、
信仰はいつも同じ奇跡を生むのです

そして、彼の言っていることは今日でもまったく
本当なのです。彼の時代は宗教改革の時代で、
口ーマ,カトリックのようにマリアの像などを

拝むのを偶像崇拝だと否定する力が強くなりました。

しかし、皮肉なことには口 —マ、カトリック教会の方に、
奇跡と認められるものがずつと多いのです。

これはカトリックの方が真理で、プロテスタントの方が
間違いという意味ではありません。ひょっとしたら、
プロテスタントの方がより合理的かもしれません。

しかし、マリアの像の前で拝んだ方が、よりよく
信仰の気分にひたれる人が多いことも事実でしょう。

深く信じることさえできれば奇跡は起こるのですから、
力トリツクの方に奇跡が多いのも説明がつきます。

奇跡的な霊験が起こるのは、信じていることが
高級だからでも、合理的だからでも、学問的だからでも
ありません。

信心が深くて、それが潜在意識に到達したからなのです。

マリアの美しい像がそれに役立ったとするならば、
それは本当に聖母マリアが助けてくれたと思っても、
結果的にはいっこうに差支えないわけです。

marf001

「ノーベル賞級アイデア」の源泉はここにある!

潜在意識は夢の中で、機械の設計図を与えることさえあるのだ。

マーフィー博士の指導を受けていた人の報告によると、
ハンマ—スト口ーム氏というピッツバーグの製鋼所で働いている
圧延工は、夢の中で機械の設計図を見、それによつて多額の
賞金を得て新聞種になりました。

その当時、彼の会社に新しく据えつけられた鋼棒圧延機の
鋼棒を制御するスィッチがうまく働かないことが問題になっていました。

技師たちはそれを修理できないでいたのです。彼らは、このスィッチを
十一、二回も修理しょうとしたのですが、ダメだったのです。

ハンマースト口ーム氏は、この問題を大いに考え、うまくいくような
新しいデザインを考え出そうとしましたが、どの試みも失敗しました。

ある日の午後、彼は横になって、ちょっとうたた寝をしょうと思いました。

そして眠りにつく前に例のスィッチの問題の答えについて考え始め、
そのまま寝つきました。

彼は夢を見ましたが、その夢の中で、完全なスィッチの設計が
描かれていたのを見ました。目が覚めた時に、彼は夢で見た
下書きに従って新しい設計図を書きましたが、これがすばらしい
成功を収めたのです。

このうたた寝のおかげで、ハンマースト口ーム氏は、一万五千ドルの
小切手をもらいましたが、これはその会社がそれまで社員の新しい
アイデアに支払った最高額の報酬でした。

成功した実業家、学者、設計者などは、このため、いつもメモ用紙を
枕もとにおいて書きつけています。湯川博士のノーベル賞を受賞した
研究も、睡眠中のアイデアに負うところが大であったと聞いています。

毎朝三回、この”呪文”で失望感が霧消した!

人間とは、その人が一曰中考えていることであり、人の一生とは、その人が人生をいかに考えたか、ということである

「人間とは、その人が一日中
考えていることだ」というのは
アメリカ第一の哲学者エマソンの
言葉であり、

「人の一生とは、その人が人生を
いかに考えたかである」というのは、
口ーマの皇帝であると同時に
偉大な哲人であり、賢人であった
マルクス・アウレリウスの言葉です。

これほど潜在意識の真理を見事に表現して
いる言葉はありません。

マーフィー博士はサンフランシスコで、
非常に不幸で、将来に失望している
会社員に会いました。

彼は自分の会社の副社長や
社長に対する不満と憤りでいいっぱいでした。

彼は「連中は自分に反対しているのだ」と言いました。

心の中に葛藤があるため彼の仕事の成績も下がり、
ストックオプションも受けていませんでした。

彼は人生の危機にあつたのです。

博士は彼に次のように、毎朝、目が覚めた時に
静かに肯定するようにすすめました。

「私の会社で働いている人はすべて正直で、
まじめで、協力的で、誠実で、誰に対しても
善意でいっぱいです。

彼らは、会社の成長と福利と繁栄の連鎖の中の
精神的な輪です。

私は考えにおいても言葉においても、
私の同僚や会社のすべての人に
愛と平和と善意を放射します……

私の潜在意識の無限の知性が、私を通じてすベての
決定を下すので、仕事上の取引においても、
人間関係においても、すべて適切な
行為があるだけです。

私も、会社の人も、皆の心の中には、
平和と調和が支配しております。

私はいま、信念と自信と信頼に満ちて
新しい日を迎えます」この会社員は、
この黙想を毎朝三回ゆつくり繰り返して
真理だと実感しました。

日中、恐れや憤りの念が頭に浮かぶとすぐに
「平和と調和と落ち着きが、常に私の心を
支配するのだ」と言い聞かせました。

この心の再調整を始めて半月たつた
時、彼の社長と副社長は彼を部屋に
呼び入れて、彼の仕事を非常にほめてくれました。

marf001

あなたもこの「奇跡」を自分のものにできる

成功と幸運が、確実にあなたの
“習慣”になります!

あなたがいま、心の底から望んでいるのは
どんな人生でしょうか?
何の心配もなく、自分の欲しいものが買えるような生活?
それとも、社会的に認められ、誰もがあなたを
称贊するような暮らしでしょうか?
ただ家族の皆が健康で、愛情豊かに暮らせれば
満足でしょうか?
多くの人が、「こうなりたい」という理想の生活を
思い描きながらも、さまざまな理由から、思いどおりに
ならない日々を余儀なくされています。
しかし、そうした中でも、自分が願ったとおりの人生を生き、
それどころか、幸運がますます拡大している人も
いるのです。
目を見開き、社会を見渡すと、あなたが望んでいる
とおりの人生をすでに手に入れている人が、
驚くほどたくさんいることに気づきます。

成功と幸運が、確実にあなたの”習慣”になります!

一方で、ああはなりたくないものだと思うような、
みじめで気の毒な人生にすっぽりっかってしまい、
どろ沼のような現状から抜け出せずにもがいている
人もいます。
一見したところ、その両者には、天と地ほどの
違いがあるように思えます。
ところが、両者を分けるのは、ほんの微妙な
一点でしかないのです。さらにいえば、あなたも、
そのどちらにもなる可能性を十分に持っています。
輝くような人生と、苦痛でみじめな人生を分けるのは、
あなたが本当にそうなりたいと心底願っているかどうか。
この一点です。
心の底から願うこと、潜在意識で強く願うことが
人生を大きく変えていく、ということを見いだしたのが
マーフィーです。
そして、マーフィーの理論は、日本を含めて
全世界の成功者、自己実現者によって
実証されている「科学」なのです。
本文の中に、さまざぎな分野の成功者、自己実現者の
実例がつぎつぎに登場しますが、それらの人たちも、
かってはあなたのように悩み、苦しんだ人たちです。
そんな人たちがマーフィー理論をどのように応用し、
実践したかをそのまま自分にあてはめ、真似して
みてください。

驚くべき奇跡が、現実にあなた自身に起こります。

ところでマーフィー以前にも、精神科医のフロイトが、
人の心には、自分では意識していない潜在意識が
あることを明らかにしています。
マーフィーは、フロイトの精神分析をとことん研究した
結果、人の進む方向やいまあるあり方に決定的な
影響を与えているのは、あなたがこうありたいと
願っている表面的に表れた意識ではなく、
自分でも気づいていないことがある、意識下の
もう一つの意識、潜在意識であることに気づいた人です。
本当にそうなりたいと思うことがあるなら、潜在意識に
それを植えつけ、心底それを願うことです。そうすれば、
その思いは必ず現実のものになります。
成功者といわれる人に共通しているのは、前向きであること、
明るいこと、それ以上に、何よりも自分の願いに率直で
真剣であることです。

「こんなことを願っても、どうせムリだろうから・・・・」

「半分はあきらめているけど、できればそうなりたい・・・」

というような、いい加減な気持ちではないのです。

健康、愛情、お金、成功・・・。人生の欲しいものはすべて、
ただ、純粋に、心の底の底から、つまり、潜在意識でそう
願っていればいいのです。汗水たらして働いたり、

寝る間も惜しんで努力する必要はありません。

そうすることを苦痛に感じているのに、歯を食いしばって
がんばることは、かえつて逆効果にさえなります。

ただ、願う。潜在意識で強く願う。そうしていれば、
欲しいものは、潮が満ちてくるように、ある日、
必ず手に入ります。
マーフィーの考え方には、人がこの世に生きていく
うえでの真理が、静かに、力強く、豊かにあふれています。
誰の人生でもない、自分の人生です。本当に、自分が
願っているとおりの人生を生きたいものです。
マーフィーの哲学を知り、それを実行すれば、誰でも、
自分が願ったとおりの、完全で欠けたもののない
人生を送れるのです。

この本で、そのための鍵を見つけてください。

marf001

人生の「偉大なこと」の多くは単純である

あなたは幸福を選択する自由があり、また幸福をあなたの習慣にすることもできるのだ。

幸福とは心の状態です。
聖書に「汝の仕えるこの日を選ぶべし」という
言葉があります。

これはあなたには幸福を選ぶ自由も、
不幸を選ぶ自由もある、という意味です。

これは、やけに単純に聞こえるかも
しれませんが、本当なのです。

そしてまた多くの人が幸福にいたる
途中でつまずく理由にもなつているのです。

つまり、多くの人は幸福の秘訣の単純さが
わからないのです。

人生の偉大なことは単純なのです。

さあ、幸福を選ぶことから始めましょう。

まず、朝、ふとんの中で目が覚めたら、
自分に静かにこう言い聞かせましょう。

私は今日、幸福を選びます。
私は今日、成功を選びます。
私は今日、適切な行為を選びます。
私は今日、みんなに対して愛と善意を選びます。
私は今日、平和を選びます

この言葉をおざなりに言うのではなく、
生命と愛と興味を注ぎ込んでください。

そうすれば、あなたは幸福を選んだことになるのです。

あなたの外界の状況も、あなたが幸福を
選んだことを証明するように展開して
いくのがわかるでしよう。

多くの人は
「おれは成功しないだろう」
「みんなおれに反対している」
「商売はうまくいかないし、さらに悪くなりそうだ」
「おれはいつも遅刻だ」
「おれは芽が出ないや」
「あいつにはできるが、おれにはできない」

などという否定的な考えを抱くことによって不幸を選ぶのです。

もし、あなたが目を覚ました時にこのような
心の態度を取るならば、そのとおりのことを
自分に引きつけて、実際に経験することになり
、実際に不幸になるでしょう。

幸福を選ぶ週間を作ってください。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。