潜在意識に種を播く一番よい時は、意識する心が休止状態にある時

潜在意識に種を播く一番よい時は、
意識する心が休止状態にある時そして
筋肉がゆるんだ状態の時である。

畑に種を播く時でも、よい時期というものがあります。
夏のカンカン照りの時や、冬の凍りつくような
寒さの時ではうまくいきません。

どうしても、ポカポ力した時がよいのです。
春先とか秋先などがよいのです。

それと同じように、万能の土壌である
潜在意識に種(あなたの考え)を播く時も、
それを受け入れやすい時がよいわけです。

たとえば、床に入って眠りに入る前の、
意識的に筋肉をゆるませた時や、
朝、目が覚めてまだ意識がはっきりしない時などが
最適です。

自分の考え、自分の願望を絵にしたものを
頭に描きなさい。

医者になりたい人なら自分が医者になつている姿を、
結婚したい女性なら素敵な男性ととも

幸福な家庭生活をしているところを頭に
描くのです。

金持ちになりたい人なら、自分がゆったりした
ソファにすわつて葉巻でもふかしている絵を
頭に描きなさい。

そして、その絵を
「潜在意識に引き渡したよ」と言うのです。

頭に絵を思い浮かべている時間は一分でもよいし、
慣れれば十秒ぐらいでもよいでしよう。

それを朝晩やります。これは取りもなおさず、
よい、幸福な考えと気分を持って床に入り、
よき幸福な考えと気分を持って起きることになります。

つまり、潜在意識はあなたの眠っている間中、
休まずあなたの願いの実現のために、
宇宙をゆっくりと動かしつづけているのです。
マーフィー100の成功法則 (知的生きかた文庫)

Comment

  1. 匿名 より:

    1. 白石と言います★
    初めまして♪YouTubeネタをたくさん書いてるのでよかったら遊び来てください♪また読みに来ますね♪

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。