「くつろいだ気分が」潜在意識を発動させる!

危惧の念を抱いたり、心配している時は、実際に考えているのではない。真の思考は恐怖からは自由なものである。

いわゆる「むずかしい決断」をしなければならない時とか、
問題解決のめどがつかない時、心配したり、あれこれ
思いわずらわないで、その問題について建設的に考え
始めなければなりません。

世の中には、いろいろ「心配すること」を「考えること」だと
思っている人もありますが、それは大間違いです。

真の思考というのは、心配や恐怖からは自由なものです。

どんな問題についても、潜在意識からの指導を受けられる
テク二ックを紹介しましよう。

心を静めて、体を静かにしてください。体にくつろぐように
命じてください。

体はあなたの意識する心の命令を受けるようにできているのです。

あなたの肉体は意志も、主導性も、自己意識的な知性も
持っていません。あなたの肉体は、あなたの信念や印象を
記録するレコード盤のようなものです。ですから、あなたは
まず体をくつろがせるという行為によつて、潜在意識に
信頼感を刻印することになります。

潜在意識は、信頼されている時にしか援助を与えてくれませんから、
これはきわめて重要なことです。

それから、あなたの注意力を発動し、自分の問題の解決に
考えを集中してください。

あなたの意識する心で、それを解決しょうとしてください。

それから、完全にそれが解決したらどんなに嬉しいかを
想像してください。

問題がもう解決してしまった時に感ずるような感じを
味わつてください。

くつろいだ気持ちでこの気分にひたってください。

それから眠りにつくのです。

目が覚めた時にまだ答えが出ていないようだったら、
何かすぐしなければならないことを一生懸命にやりなさい。

おそらく、あなたがほかのことに没頭している時、
あなたの求めていた答えは、前後の脈絡もなく、
トースターからパンがぴょんと飛び出るように、
あなたの頭に浮かんでくるでしょう。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。