不動産が希望の値段ですぐさま売れたわけ

取引で成功するにも、潜在意識が万人共通であることを知れば、その助けが予想もできない仕方で現われることがわかるだろう。

あなたが土地を売りたい時、どうしたらよい買い手が見つかるでしようか。
マーフィー博士ご自身の体験を紹介しましょう。アメリカは日本と違って、
土地は売る方がむずかしいとされている国です。

マーフィー博士は自宅の前の芝生に「売家.所有者」という
立札を立てました。

翌日眠りにつく時、博士は「この家が売れたらどうしょうか」と
心の中で言いました。

その後、自分の問いに答えて、「私はあの立札を引き抜いて、
ガレ—ジに投げ込むだろう」と言いました。

博士は想像の中でその立札をつかんで地面から引き抜き、
肩にかついでガレージに行き、それを床の上に投げ、
ふざけて「もう君には用がないや」とその立札に言いました。

博士は事が済んだという実感がして、そのことに内なる
満足を感じました。

その次の日に、一人の男が博士に千ドルの内金を置いて、
「ご相談に応じましょう」と言い、きわめて有利な取引が
成立したのです。

アメリカで家を売るというのは大変なことで、捨値みたいにしても
買い手が現われず、半分化物屋敷みたいになることがたいへんに
多いのです。

売札を出した翌日に売れるということは奇跡に
近いと言ってよいでしょう。

この満足すべき取引の交渉が済んでから、
博士は例の立札を引き抜いてガレージに持って行きました。

かくして外界の行為は、心の中の行為に一致したのです
これは、何も新しいことではありません。

「内のごとく、また外も」という言葉どおりです。

つまり潜在意識に刻印された絵に応じて、生活という
客観的な外界の映写幕に写し出されるという意味なのです。

外界のことは心の中を写し出す鏡です。
外の行為は内の行為に従って起こるのです。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。