「想像力のない人」は「未来がない」とイコールだ

あなたの願望の水準を上げなさい。そうすれば「信ずるが如くにあなたになされる」(マタイ伝九章二十九節)

もう三十数年前のことですが、マーフィー博士の知っている
若い薬剤師で、一週四十ドルの固定給と売上げの歩合を
もらっている人がいました。

「二十五年やったら退職します。

恩給もつきますから」と彼はマーフィー博士に言いました。

博士はこう答えました。
「どうして自分自身の薬局を持とうとしないのですか。
この場所から出なさい。
あなたの願望の水準を上げなさい。
自分の子供に対して夢を持ちなさい。
息子さんは医者になりたいと思うかもしれないし、
娘さんは音楽家になりたいと患うかもしれません。
でも、いまのあなたの給料では十分に
勉強させてやることができませんよ」

その男は、「私にはまとまったお金がないので、
自分の店は持てないのです」

と答えました。そこで、マーフィ—博士は万能なる
潜在意識について説明し、ある考えを潜在意識に
送り込むことができるならば、潜在意識はその考えを
何とか実現してくれるものであるということを彼にわからせてやりました。

その薬剤師は、自分自身の店にいるところを想像し始めました。

彼は、心の中で瓶を並べたり、調剤したり、数人の
店員が自分の店で客の用を聞いているところを想像しました。

そして、銀行にも多額の預金ができたところを想像しました。
彼の心は、その想像上の店で働きました。
そして彼は、上手な役者のようにその役になりきって生活しました。

そうであるように振舞っていると、そういう人間になるのが潜在意識の法則です。
そのうち、この薬剤師は勤め先をくびになり、新しいチエーン・ストアに就職し、

その後支配人となり、さらにその地区一帯の地区支配人に抜擢され、
気がついた時は、自分のドラッグストアを始めるお金ができていました。

そして自分の店に「夢の薬局」と名づけ、誰にも認められる
成功者になりました。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。