あなたは十一力月ごとに復活している!

11力月に一度、体の細胞はすつかり作り換えられるあなたの考えを変えることによって、体も一年以内に変わりうる

人間の細胞はたえず入れ換わっています。医学の教えるところによれば、
人間の体は十一力月ごとに建て換えられるとのことです。

ですから肉体的見地に立つと、あなたも生後十一力月にすぎず、
また十一力月後には「復活」することになるのです。

だから心配、嫉妬などによって体の調子を狂わせたり、
病気になるとすれば、あなたの意識する心の責任です。

マーフィー博士はポット氏病(脊椎の結核)にかかった
インディアナポリス市のアンドリューズ少年に関する
驚くべき例をあげています。

この少年は医者には不治と言われたのですが、
繰り返し繰り返し、「自分は健康で頑強で愛清があり、
調和的で幸福なのだ」と肯定しました。そして、
この祈りは彼が、夜、眠りに入る時、最初に口にする
言葉であり、朝、目が覚めた時、口に出る最初の言葉で
ありました。

彼は自分の考えを愛と健康に向け、その考えを
送り出すことによって他人のためにも祈ったのです。

自分の病気に対する恐怖や、憎しみや、また健康な
人に対する嫉妬やそねみの心が浮かんできた時、
彼はただちに心の中で打ち消し、愛と健康に心を
向けなおしました。

彼の体を作った万能の潜在意識は、ついに彼の
習慣的な考えの性質に応じてくれたのです。

つまり、彼の意識する心が作った設計図に応じて、
今の体を作り直してくれたのです。このようにして、
両足が不自由だった少年は、頑丈で、姿勢も正しく、
均整のとれた青年になったのです。

これこそ、聖書(マルコ伝十章五十二節)に書いてある
「汝の道を行け。汝の信仰が汝を癒したのだ」という
言葉の意味なのです。キリストが「癒す」と言った時、
それは象徴的に何かが癒えるのでなく、具体的に
肉体の病気が癒えたのです。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。