就寝前五分間の「瞑想」で眼病が治った!

健康であることが正常で、病気が異常なのだ。調和の原理は先天的に内在しているのだから、それを働かせるようにせよ。

マーフィー博士の講演に来ていた青年は、ひどい眼病にかかっていて、
医者は手術が必要と言っていました。しかし、マーフィー博士の話を聞いて、
「私の潜在意識が私の目を作ったのだから、それを治すこともできるはずだ」と
思うようになりました。

毎晩眠りにつく時、彼は、うつらうつらとした瞑想的な状態になると、
自分のかかっている眼科医が自分の前に立ち、自分の目を検査して、
「奇跡が起こった」と言うのを聞くことを想像しました。毎晩、
これを就寝前の五分間ぐらい、何度も何度も聞きました。

三週間後、彼は自分の目を検査してくれた眼科医のところへ行きました。
すると、その医者は彼に向かって「これは奇跡だ」と言いました
つまり、彼の目は奇跡的に治ってしまっていたのです。

これはどういうことなのでしようか?

彼の潜在意識が彼の目を作ったのです。その中には、当然完全な
原型があるわけなのです。彼のやったことは、潜在意識に働きかけて、
その原型を働き出させればよかったのです。

彼は潜在意識に「絵」を送り込んで、それを刻印しようと思ったのでした。

反復と信念と期待とによって、自分の医者が「これは奇跡だ」と
言っている情景を絵にして送り込み、その声を聞いたわけなのです。

潜在意識は絵にして送り込まれた祈りに対しては、特によく反応を
起こすので元来、潜在意識の中には調和の先天的原理が内在して
いるのですから、健康が正常なのです。

それで正常にもどったわけです

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。