「マイナスの妄想」をだまらせる催眠療法

催眠術は、要するに潜在意識に働きかける一つの方法にすぎない。

催眠術を病気の治療にはじめて使ったのが、ドイツ人のフリードリッヒ
トン・ メスメル(1734—1815)であることはよく知られています

彼は1778年にパリに診療所を開いたのですが、これは普通の病院の
とはまったく違っていました。そこは高価な絵や、クリスタル・ガラスを
装飾、時計もロココ風、床には厚いペルシャじゅうたんといった、
当時の王侯貴族の屋敷のような豪華な部屋でした。

その部屋の真ん中には、大きな丸い桶が置いてあり、そこから
鉄の棒が何本も突き出ています。患者がそれを握ると、
部屋の片隅にいる楽団が単調な音楽を演奏します。

そこへ豪華な装いをしたメスメルが登場し、音楽に合わせながら
患者のまわりを回り、患部に手を触れるのです。

患者はぼ~っとしています。

そのうち音楽がやみ、いつの間にかメスメルの姿も消えています。
ふと患者が気がつくと、病気は治っているという具合でした。

メスメルはこれは「動物磁気」によるものであると言っており、
この治療法はメスメリズムと呼ばれました。もちろん、今日の
科学から見れば、これは根拠のないインチキです。しかし、
治癒率は実際に非常に高く、国王ルイ十六世までよく
受診したと言われています。

このメスメリズムは、今日でいう催眠療法です。

そして催眠療法とは、とりもなおさず、あなたの意識する
心をぼ~っとさせて、潜在意識に直接働きかけることを
意味します。

意識する心は判断する心ですから、それが働いている時は、
暗示を受けても「そんなことはあるまい」と判断したりします。

それで、潜在意識は意識する心の判断に従つてしまうわけです。

ところが、判断する心がぼ~つとなっている時は、潜在意識は
暗示を受け入れます。そして、受け入れたことを潜在意識は必ず
実現するのです。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。