どれだけ「真剣な気分」にひたれるかが鍵

偶像崇拝を簡単に否定してはいけない。それは潜在意識を動かす一つの効果的な方法なのだから。

フイリパス・パラケルスス(1493—1541)は、バ—ゼル大学ではじめて
化学の教授になった人で、当時は世界一の錬金術師という
評判のあった人ですその彼がこのよ、つに言つています。

「あなたの信仰の対象が本当であろうと、
間違いであろうと、それに関係なく同じ効果があるでしょう。

ですから、私は聖ペトロ自体を信ずべきなのに、
そのかわりに聖ペトロの像を信じたとしても、
聖ペトロからと同じご利益を受けるのです。

しかし、これは迷信です。しかし信仰は、
それが迷信でも奇跡を生むことがあります。

本当のことを信じようと、間違ったことを信じようと、
信仰はいつも同じ奇跡を生むのです

そして、彼の言っていることは今日でもまったく
本当なのです。彼の時代は宗教改革の時代で、
口ーマ,カトリックのようにマリアの像などを

拝むのを偶像崇拝だと否定する力が強くなりました。

しかし、皮肉なことには口 —マ、カトリック教会の方に、
奇跡と認められるものがずつと多いのです。

これはカトリックの方が真理で、プロテスタントの方が
間違いという意味ではありません。ひょっとしたら、
プロテスタントの方がより合理的かもしれません。

しかし、マリアの像の前で拝んだ方が、よりよく
信仰の気分にひたれる人が多いことも事実でしょう。

深く信じることさえできれば奇跡は起こるのですから、
力トリツクの方に奇跡が多いのも説明がつきます。

奇跡的な霊験が起こるのは、信じていることが
高級だからでも、合理的だからでも、学問的だからでも
ありません。

信心が深くて、それが潜在意識に到達したからなのです。

マリアの美しい像がそれに役立ったとするならば、
それは本当に聖母マリアが助けてくれたと思っても、
結果的にはいっこうに差支えないわけです。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。