こうすると「正夢」の回数が多くなる!

潜在意識に頼ることに慣れると、正夢がふえる。

正しい行動が取れるように眠りにつく前に潜在意識に祈りますと、
その祈りに応じて、潜在意識の知恵はあなたに正しい指示を与えて
保護してくれます。

マーフィー博士自身の体験を紹介しましよう。

第二次大戦前、博士は東洋で非常に有利な仕事につかないか、
と言われたことがありました。博士は導きと正しい決断を求めて
次のように祈りました。

「私の内なる無限の知性はすべてを知っておりますので、正しい
決断が神の秩序に従って、私に示されます。その答えが現われたら、
私はそれを認めます」

博士はこの簡単な祈りを、眠りにつく前、子守唄のように何度も
繰り返しました。すると、夢の中に、それから三年後に起こることが、
生き生きと現われたのです。博士の古い友人が夢の中に現われて、

「その新聞(二ュ—ヨーク・タイムズ)の見出しを読め。行くな」と言うのです。
夢に現われた新聞の見出しの文句は、
戦争と真珠湾攻撃に関するものでした。

この頃は、日本の軍部ですらも真珠湾攻撃を計画していなかったのですから、
潜在意識は、当時誰の頭の中にもなかつたことまで知つていたことを示します。

そして潜在意識はドラマを仕立てて、博士が信頼し、尊敬する人物が
夢に出てきて、博士を引きとめたのです。博士はよく正夢を見られたそうです。

警戒信号として夢にお母さんが現われる人もあります。

夢枕に立つたお母さんが、そこへ行くな、などと言ってくれるのです。

あなたの潜在意識は全知ですから、これに頼って指示を受けていますと、
目が覚めた時に出てくるアイデアや夢などが正しい導きとなります。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。