毎朝三回、この”呪文”で失望感が霧消した!

人間とは、その人が一曰中考えていることであり、人の一生とは、その人が人生をいかに考えたか、ということである

「人間とは、その人が一日中
考えていることだ」というのは
アメリカ第一の哲学者エマソンの
言葉であり、

「人の一生とは、その人が人生を
いかに考えたかである」というのは、
口ーマの皇帝であると同時に
偉大な哲人であり、賢人であった
マルクス・アウレリウスの言葉です。

これほど潜在意識の真理を見事に表現して
いる言葉はありません。

マーフィー博士はサンフランシスコで、
非常に不幸で、将来に失望している
会社員に会いました。

彼は自分の会社の副社長や
社長に対する不満と憤りでいいっぱいでした。

彼は「連中は自分に反対しているのだ」と言いました。

心の中に葛藤があるため彼の仕事の成績も下がり、
ストックオプションも受けていませんでした。

彼は人生の危機にあつたのです。

博士は彼に次のように、毎朝、目が覚めた時に
静かに肯定するようにすすめました。

「私の会社で働いている人はすべて正直で、
まじめで、協力的で、誠実で、誰に対しても
善意でいっぱいです。

彼らは、会社の成長と福利と繁栄の連鎖の中の
精神的な輪です。

私は考えにおいても言葉においても、
私の同僚や会社のすべての人に
愛と平和と善意を放射します……

私の潜在意識の無限の知性が、私を通じてすベての
決定を下すので、仕事上の取引においても、
人間関係においても、すべて適切な
行為があるだけです。

私も、会社の人も、皆の心の中には、
平和と調和が支配しております。

私はいま、信念と自信と信頼に満ちて
新しい日を迎えます」この会社員は、
この黙想を毎朝三回ゆつくり繰り返して
真理だと実感しました。

日中、恐れや憤りの念が頭に浮かぶとすぐに
「平和と調和と落ち着きが、常に私の心を
支配するのだ」と言い聞かせました。

この心の再調整を始めて半月たつた
時、彼の社長と副社長は彼を部屋に
呼び入れて、彼の仕事を非常にほめてくれました。

marf001

最近の投稿

副業に関連した人気商品をランダムにピックアップします。